Posted 1 day ago

 これは余談ですが、オレが留置所にぶち込まれたとき、オウム信者が独房に入ってきました。なんでもサティアンから脱走しようとした信者を監禁するコンテナの監視人をしていた人物ということでした。朝の運動時間は全留置人がいっしょになるんだけれど、ヤクザですら気味悪がってオウム信者には近づかない。しかし、オレは好奇心が旺盛なので、積極的に寄っていっていろいろ面白い話しを聞くことができました。
 五十歳を超えたおっさんだったんだけど、夫婦で出家したそうです。ところが熱湯の中に長時間つかるという無茶な修行をやらされて、奥さんは死亡してしまいます。死亡届は出さず、死体を巨大な電子レンジみたいなもので焼却し、わずかに残った骨は硝酸で溶かして消滅させてしまったとのことでした。オウムに殺されたようなものですよね。後悔していないのかときいたら、「かたちが変わっただけなんです」と本気でこたえてきました。さすがにこういう人を目の前にすると衝撃で、何ともいえない暗い気分になりましたね。事件化されていないだけで、オウム真理教内部で文字通り消された信者は、たぶん数十人単位でいるのでしょう。

 さらに余談だけど、オウム真理教事件の時は、社会党の村山富市が首相の自社連立内閣でした。ネットでは、ウヨに危機管理がまるでできなかった無能内閣のようにいわれていますが、そんなことはなかった。
 オウム真理教事件で村山首相が一番気にかけたのは、オウム施設内でどうなっているかわからない子供たちのことでした。首相直々の命令で、オウム施設内に機動隊を突入させ数十人の子供たちを救出させています。子供を大切にするのは、日本人の最大の美徳のひとつだと思います。しかし、オウム信者だからという理由で親から子供を分捕ってよいという法律はありません。だからこれは決断に相当な覚悟が必要な超法規的な行動といっていいでしょう。ウヨ的な危機管理だったら、「オウムを壊滅させろー、法律を無視してでも一人残らず逮捕しろー」となるところが、社会党的危機管理だと、「オウム施設にいる子供たちが心配だー、法律を無視してでも一人残らず救出しろー」になるわけです。
 オウム真理教は、『警察が子供を拉致』なーんていうビデオを出して(オレは今も持っているぞ)抗議キャンペーンをしていましたが、お前らは修行して宿縁を遮断するんじゃなかったのかよと、ちょっとツッコミたくなりましたね。一九九五年は、阪神大震災もあり、前代未聞の事件が立て続けに起こった年でした。自民党政権だったとしても、あれ以上の対応は無理だったと思うよ。

Posted 3 days ago

 自分の土壌に所属する自信を肯定的に受け止められる者は、他者評価を不要とする。自信の肯定発言も、事実説明として放っただけであり、それを相手との優位性争いのためのアイテムとして機能させる構えは一切ない。しかし、意図せず自慢やマウンティングと解釈されてしまうのは、偏に先方が「自分は自分」「人は人」と割り切れぬまま、自他の土壌の上に自己像を築こうとする精神性の持ち主だからだ。

 相手から与えられた情報を、自分の土壌で解釈し、相手の事実と断定認識するから、会話に歪みが生じる。空気も淀む。不潔な境界線にわざわざ居合わせる必要などない。きれいさっぱり無視すればいい。

Posted 3 days ago

 そもそも自信を持って自分を肯定することと、他者に自慢することの間には大きな隔たりがある。「肉体に自信がある」と断言すると、必ず「おまえはどれだけ自分のことをいい女だと思っているのか」「実態はそうでもないのに、自分はスタイルがいいと思い込んでいる厚顔無恥な女」と非難されるが、自信と、万人に「いい女」として承認される他者評価とは、本来、関係がない。

 目標体重を決めてダイエットしたり、自分の身体を好きになるために毎日オイルマッサージを行ってコンディションを整えたり、コンプレックスを整形手術でクリアするために一生懸命働いてお金を貯めたり。努力の過程でくじけそうになっても何とかやり抜き、成果を得るに至った、自己鍛錬の達成感を自信と呼ぶ。諦めずにやり抜いた自分は、自己肯定するに足る活動を行った。その事実が自信、誇りであって、成果が万人に美しいと認められるクオリティーか否かはまったく別のレイヤーの話だ。

Posted 3 days ago
もちろん持って生まれた性格が謙虚な者や、自信がない者を笑うことはない。自己と言動が正対している人には、他者に妙なひっかかりを感知させる淀みがないから、すんなりと言い分を受容できる。そうではない者が、メソッドのオブラートに自信を隠したところで、半透明のオブラートだけに自信は透けて見える。だから鼻につく。自分の「在り方」よりも「見え方」を重んじる者が、自己評価を他者に委ねるあたりには、等身大の自分とは異なる、自分役を演じるパフォーマンスに没入しているような、歪なズレを感じる。
Posted 4 days ago
デジカメinfoのコメント欄にぼくのかんがえたさいきょうのカメラを書き込むとメーカーが参考にして実現されると考えてる人とかいてまじでおそろしい。
Posted 4 days ago
最近、「小倉先生やApemanさんは、内心の意識に反して、書き言葉がすべて煽り・皮肉・あてこすりの表現になってしまう奇病に罹っている」という設定を思いついて以来、本気で気の毒に思うようになってしまった
Posted 4 days ago
好かれることは期待されること、責任がともなうことだからだよ。
責任を負わずに無責任に相手のことを好きになるだけ。
そんなにラクなことはないよね。
Posted 1 week ago

おおつね 正論を言う人とそうでない人って分け方だとすると、正論を言う人の重要なルールで、「公平さ」っていうのがあるんです。要は「あなたと私は対等な立場である」というルールが非常に重要視されるんだけど、そうでない人たちって公平さは割とどうでもいいんですよね。

よく炎上したときに「おまえの言ってることってブーメランじゃん」ってことがあるけど、炎上する人にとってそんなことはどうでもいい。私は馬鹿にされたくないが、自分は(他人を)批判するブログを書くんだって公言しちゃう。それは非常に重要な差としてありますね。

Posted 1 week ago
おおつね 未来も過去も考えないほうが面白い。政治の話ばかりquoteしたから、そろそろ食べ物の写真でも入れようかとかってやると、すごく思考がにごりますね。面白くないですよね、それ。
Posted 1 week ago
「凄いですね。よくAppleの新製品の機能を予言して的中し続けられますね」
「簡単だよ。Androidスマホの変わった新機能で2年生き残ったのをただ紹介してるだけだよ」